仮想通貨への投資を募り、約41億円を売り上げた日本企業2社に業務停止申請。金融商品取引業に無登録の疑い

道路標識

29日、証券取引等監視委員会は日本企業2社に対する業務差し止めを、裁判所に申し立てたと発表した。

対象となった「オレンジプラン」「ゴールドマイン」両社は2016年11月から、金融商品取引業に登録せずに韓国の法人が発行する「ポートフォリオコイン」を販売していた。

「1口5万円の出資で、週5%の利子を受け取れる」とうたい、投資家から出資を募り、金融商品にあたるポートフォリオコインを無登録で販売していたという。

実際に、収益は投資家への配当に回していたが、問題は「韓国法人に送金した形跡と、運用益を受け取った形跡がなかった」ことだ。

両社は大阪や東京でセミナーを行い、50〜70代の投資家を中心に約41億円を売り上げていた。

そのほか、会員登録料として約10億円の資金を集めていたことも明らかになっている。

このうち、約26億円は投資家への配当に回しており、残り15億円は使途不明。約10億円は現金で引き出された形跡があった。

上記を鑑みて、監視委は今後も違法な経営を続ける可能性が高いと判断。両社の業務停止を申請した。

調べによると、「ポートフォリオコイン」に出資した投資家は8100人にのぼると見られている。

投資家の中には、7000万円以上を出資した投資家もいるとみられており、今後に注目が集まる。

ドゥラメンテの電撃引退で凱旋門賞2016はどうなる?

マカヒキ

宝塚記念で絶対的1番人気だったクラシック2冠馬のドゥラメンテが、2着に甘んじました。まあここまでは仕方ないと思いましたが、問題はゴール後に起こりました。ドゥラメンテに故障発生・・・

Bookmakerでも優勝候補の一角に挙げられていたドゥラメンテですが、競技不能でよもやの種牡馬入りとなり、電撃引退となりました。これには凱旋門賞で日本馬初となる戴冠に期待を寄せていた多くの競馬ファンも落胆したことだろうと思います。

では、今年の凱旋門賞2016ではもう日本馬の活躍、そして1着入選の姿を見ることはできないのか?そんなことはありません。ドゥラメンテの無念を晴らしてくれるであろう若武者がいます。

今年の日本ダービーの勝ち馬であるマカヒキです。マカヒキは早くも凱旋門賞への挑戦を明言しており、非常に期待が持てます。イギリスの賭け屋である「William Hill」が発表している凱旋門賞2016の単勝オッズでは5番手となる13倍となっています(6月30日現在)。

マカヒキの有利な点としては斤量が挙げられます。ライバルとなる古馬が58キロに対して、マカヒキは3歳牡馬であるために56キロと2キロ少ないことにあります。ドゥラメンテも昨年クラシック2冠を果たして、ケガさえなければ凱旋門賞で・・・となっていたことでしょう。

10月2日に今年の凱旋門賞は行われます。今年からはJRAから国内・インターネット限定で投票券が販売されることが決定しました。初の日本馬優勝なるか?期待しながらその日を待ちましょう。